具体的にFPでできること

FPの資格を取ろうと考えている人で、独立してやっていけるのかというように考える人も少なくありません。
また、多くの人は知識を広げるため、社内での地位を高めるためなど
様々な目的で資格の取得を考えているのです。


その中には冒頭で書いたように独立開業を目指す人がいます。
「FPの資格だけでは、それだけで食べていくのは難しい」と言う人が多いでしょう。
実際にそう考えている人は多いのです。


いっぽうでこの資格で十分な仕事を得ることはできるという人もいます。
この資格で事務所を開くということを特にしなくても仕事はできます。
そのためにも資格を極めることから始めなくてはいけません。


FPで食べていけないというのは一般的に多くの人が目指す資格ではという意味になると思います。
他の国家資格と違っていてFPの資格には種類があります。


言葉は悪いのですが、だれでも勉強したら合格できると言ったFPの資格もありますし、
合格率が行政書士並みという資格もあります。

食べていくのであれば最上位の資格取得が求められるということなのです。
FPという仕事は行政書士のように実務に精通していれば成り立つというものではありません。

まずはお客さんとのコミュニケーションがしっかり取れるか、
納得のいく提案ができるかということが主眼となります。

こういった面を考えてみると他の資格に比べて
特に人間力が発揮される資格であることは間違いがなく、
人付き合いが好きな人にはもってこいの資格だといえるでしょう。

>>Next 国家資格と民間資格があるFP